角質のトラブル

2017年9月 8日 (金)

最も遠いお客さま

大変有難いことに、最近はかなり遠方からのお客さまも多くご来店頂きます。

みなさま、日頃からネット検索等で色々な店舗を探しているとの事で、当店もできる限り多くの写真を使い、さまざまなトラブルの形態を紹介しているのが参考になるとの声を頂きます。



当店はこの秋で8年目を迎えますが、開業準備をしている8年前には、ネット検索しても巻爪はおろかウオノメケアに関しても、ほとんどの情報が無く、営業されているオーナーやそこを利用している、または利用を考えているお客さまにとってはとても困る状況だろうな、と常々感じてました。

また、私のように開業する前に、どのような技術なのか、どのような症状があるのかを学びたいと思っても、なかなか写真すらお目にかかれない、そんな状況でした。


当店は開業以来、お客さまにご協力頂き、できるだけ多くのトラブル、多くの写真を掲載し、利用を検討している方はもちろんのこと、これからこの道の事を学んでみたい!と感じている方の役に立てればと、困っていた日々を思い返しながらこうしてご紹介している次第です。

ですので、あまり頻繁な更新はないかも知れません。それは、ご来店頂いたお客さまをそれぞれ毎日紹介していると、本当に知りたい情報が埋もれてしまうという危惧があるからです。


ネット検索してみたはいいが、なんかもの凄い量で(ウチも既にその域に入りつつありますが…)見るのが面倒だな…

ということになってしまっては本末転倒です。ですので、ちょっと特殊だったり珍しかったりする例を優先してご紹介しています。


「最近更新が無いからどんどん酷いの見せてよ!」


と、なんか自分より酷い状態が見たい!というお客さまも結構いらっしゃいますが、検討中の方の参考にしてもらいたいという気持ちがあるのでご了承頂きたいと思います。




さて、今回ご紹介するお客さま。

なにが珍しいって、恐らく当店ご利用のお客さまで一番遠方からのお問合せ、ご予約を頂きまして、なんと


香港から!



のご来店となりました。


しかも酷い…



しかしながら、海外からお越し頂けるなんて技術者冥利に尽きます。本当に有難いことです。


と、そんな感慨に浸っているわけにはいきません!


なんせ帰りの電車の時間もあるので、とにかくできるだけ、という事で施術がスタートしたのですが、とても全部をきちんとケアできるような状態ではなかったのが大変申し訳なく思います。

ただ、限られた時間の中で、痛みやお悩みの優先から施術、という事でまとまってましたので仕方がありません。片足だけケアしてお帰り頂くわけにもいきませんしね。

ということでご紹介です。



右足


170908_1_3



170908_1_1_2







左足


170908_1_5




170908_1_4_2



今回、大慌てでケアを開始したので、カメラの設定が合ってないのも気付かずにケアしていましたので、ちょっと写真が見辛くなっているのはご勘弁ください。

それでも多くのウオノメ、タコ、角質の肥厚が確認できると思います。




それではケア後をご覧ください。




右足


170908_1_2_2


170908_1_3_2




左足

170908_1_6_2


170908_1_7

いかがですか?


今回はとにかく時間が押していましたので、それぞれ途中経過で撮影しているので綺麗な状態ではないのですが、それでも状態の酷さは見て頂けると思います。

他の箇所も色々と施術してるのですが、とにかく状態が酷くて驚きました。


聞けば香港でのケアは、刃物を使ってどんどん削り取って行くというもので、ギリギリまで削ってしまうのでかえって状態を悪くしてしまってます。

日本でも、とにかくツルツル、スベスベにする事こそが技術!と思ってる技術者がいるようで、過ぎたケアをしたばかりにかえって状態を悪化させてしまうという例がいくつもあります。

やり過ぎはいけません。



気になることがありましたらいつでもご相談ください。

お問合わせはコチラ

※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします




|

2016年9月 9日 (金)

もはやウオノメ、とは…

おかげさまで当店は、多くの方に検索で見つけて頂きます。


一生懸命検索して当店を探し当ててくださる方の多くは、角質のトラブル(ウオノメ、タコなど)にしろ巻き爪にしろ、本当に酷い状態でギリギリの場合がとても多く、耐えに耐えてもう限界!というところまで来ている例が多いです。



今回ご紹介するお客さま。

もう1年以上前からのお付き合いになりますが、当初から酷かったのですが、ケアしてしまえばラクになるため、つい放置しがちでまた酷くなり…

今回のご来店となりました。



当店では、常々

「放っておいて良くなることはまずない」

とお伝えしていますが、
こちらのお客さまも同様で、

ケアした後はまったく痛くない
     ↓
少し違和感が出たけどまだいい
     ↓
痛みはあるけど我慢できる
     ↓
もの凄く痛くなる
     ↓
限界を迎えて来店

と、多くの方が辿る道を選んでしまい、今回再度のケアとなりました。

最初にとても酷い状態でご来店頂いたお客さまは、それ以前には激しい痛みに耐えていたので、少しの痛みは我慢してしまう傾向にあるようですが大変危険です。

現在痛みを感じている方は、これを参考に早めの対応をおすすめします。




ではご来店時の状態をご覧ください。




まずは、今回最も痛みを感じている箇所です。




169091_1


見た目、まあ大きなタコですけどそれほど酷いとも思えません。

※普通は酷い部類なのですけど当店では…です




そしてコチラ。



169092_1

もはや「ウオノメ」ではありません…

ウオノメは「魚の目」で、中心に、まさしく「目」のような芯ができるのが特徴なのですが、放置し続け、こんなに酷い状態になってしまいました。

全体が中心で全体が「目」です…




違う角度から。




169093_1

目じゃないですコレ…


常に大きな石を踏んでいるようなものなので、その痛みは相当酷いことが、こんなのできた事が無い殆どの方が想像できると思います。


ちなみに。

このウオノメ、マシンで削ると、まるで石を削ってるかのような音と削り粉が盛大に舞ってしまい、角質ケアというより工作でもしているような感じでした…


不思議なのは、こちらの酷い方よりも、見た目それほどでもないのにな?と思った方のが痛みを感じていることでした。明らかにコチラの方が痛そうなのですけど…



その謎は、ケアをするうちに判明しました。



ご覧ください。





169094_1

大きなタコの中に、これまた非常に大きく深いウオノメの芯ができてます。そしてその芯が非常に硬いため、その更に奥の皮膚に大きなダメージを与えて内出血している状態でした。

これでは痛いのも当然です。



肥厚した角質を削っていって初めて判ることですので、目視で確認ができた時点でこちらのケアは中止です。これ以上削ってはいけません。

状態が良くなった頃、再びご来店頂くという事で終了です。



もう一方の「工作」も終わりました。




169095_1

いかがですか?

あれほど飛び出していた殆どのものを除去すると、実はこんなに凹んでいるのです。

いかに大きな「モノ」を踏み続けていたかわかりますね。



両方ともケア終了後です。



169096_1

月面じゃああるまいし…

な状態になってます。
酷いです。



角質、巻き爪ケアに関しては、我慢は決して美徳ではありません。少しでも早い対応が大切です。

気になる方はお気軽にご相談ください。


お問合せはコチラ

その他のケアを確認したい場合はコチラ
※写真データが非常に多く重いです


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします



|

2016年3月 1日 (火)

かかとの乾燥

今年は暖冬ですが、空気が乾燥しているのは例年通りです。



もうそろそろ春、ですが、それでもまだまだかかとの乾燥によるひび割れ等で困っている方は多いと思います。

特に女性はストッキングが引っかかって困るというお問合せが多いです。




ひび割れも、放置しておくとどんどん深くなっていき、一度でケアができなくなってしまいます。

よく拝見するのが、美容系のお店で角質ケアをしてもらったところ、かえってかかとがカチカチになってしまった例です。

親の敵のように思い切り削り取るような事をしてしまうと、その後の皮膚の状態が非常に悪くなってしまい、かかと全体が肥厚してしまいます。


見た目や柔らかさのみを追求するのではなく、回復を第一に考えてケアする事が大切なのですが、この辺りが技術者のスキルで相当違ってきます。

足裏のかさつきでお困りの方は、是非一度ご相談ください。





というわけで今回は、かかとを中心とした足裏のケアをご覧ください。






ケア前です。
酷いです…





16301_1







ケアを終えた写真がこちらです。




16301_1_1

いかがですか?



すべすべのかかとはとても気持ちが良いものです。

みなさまも是非お試しください。






※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

2015年11月17日 (火)

変則的なウオノメ

足の環境は人それぞれ違います。

ですのでトラブルが発生した場合も、
様々な形状や程度になっていきます。


今回ご紹介するお客さまのトラブルは
魚の目なのですが、これがかなり
変則的な状態だったのでご案内します。








まずは写真をご覧ください。





151117_1_1

ひと目で大変大きく、深さもある魚の目だというのが
わかるものです。



が…

一般的、あくまでも一般的な話ですが、
魚の目というのは円錐状にでき、
頂点に芯があるのが普通です。

しかしこちらのお客さまの魚の目は
左右非対称になってます。


恐らく大きくなる過程で突出してきた時に、
踏まれて横方向に進行していったのだと
考えられます。




少し角度を変えてみます。





151117_1_3







少し動かしてみます。





151117_1_2

やはり斜めに進行しているようです。

それにしても大きい…




これほどの規模の魚の目だと
相当な痛みなはずです。



ケア後の写真です。





151117_1_3_2

いかがですか?


元々芯ができていた箇所が、かなり左に
確認できると思います。

ケア後の写真を見ると、どれくらいの大きさの
魚の目があったのかが良くわかります。






我慢をして良い事はありません。

痛みがあったり違和感を感じたら、
初期の段階でケアする事を
強くお勧めしておきます。


Mailで写真を添付していただければ
ご相談にも応じられますので、
お気軽にお尋ねください。



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

2015年10月 7日 (水)

乾燥の季節です

暑い季節が終わり…

過ごしやすくなったと思ったらすぐ乾燥の季節。

多くの女性はまさしく

「肌で」

乾燥を実感するのではないでしょうか?



それは場所に関わらず、
同じように影響します。


足にトラブルを抱えている方は、本格的に乾燥する前に足のトラブルへの対応をしておく事をお勧めします。


いや、

「強く」

お勧めします。


本格的に乾燥し始めると、あっという間にヒビ割れなど、深刻な状況になってしまいます。酷くなってからでは回復も遅れてしまいます。




今回ご紹介するのは、いわゆる足裏全体のケアではなく大きなタコです。



まずはご覧ください。





15107_1

コブのように酷い状態です。

しかも既にささくれて来ています。





別の角度から。


15107_1_1

良い皮膚とタコの際の部分が赤くなってるのが確認できますか?


今回問題にしたいのは実はこの部分で、このまま放っておくと乾燥が酷くなり、この際の部分に大きく深いヒビ割れができ、皮膚を裂いてしまう事があるのです。


タコになった部分は非常に硬く、そうでない部分は柔軟性に富んでいます。その際の部分というのは、タコにかかる力を引き受け、相当大きな力がかかっています。


ですので乾燥するとこの部分に負担が集中し、ヒビ割れ、最悪の場合は裂けてしまったりします。


そうなる前のケアが肝心です。





それではケア終了後の写真をご覧ください。




15107_1_2

いかがですか?


もちろんケア中に痛みはありませんし、
終了後も痛くありません。


ケアをしておけば、特定の皮膚ばかりに負担がかかる事も無くなり、更に酷い状況になる事を避けられます。




乾燥して酷くなってからではなく、お早めの対応でより良い状態を保ってあげる事が大切だと思います。

気になる方はお気軽にご相談ください。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

2015年9月15日 (火)

大きな魚の目(記録更新かも)

当店は10月で6年目を迎えます。

このようにマイナーな業種がなんとかやってこれたのも、ご利用頂きましたお客さまに支えられてのものです。本当に感謝しています。




さて。

5年の間、数々の驚くべき巻き爪、ウオノメ、タコ などを施術させて頂きましたが、もしかしたらウオノメに関しては、今回のお客さまが最も酷いのではないかな?という気がしました。

大きいだけなら他のお客さまもいらっしゃいますし、深さも同様です。

が、今回のお客さまは、それに加えてウオノメの芯の硬さも相当なもので、これはもはや皮膚の一部というよりプラスチックのような硬さになっていて、歩く度に足裏に突き刺さるような痛みがある事を想像するのは容易です。

きっと相当に辛かったと思います。





そんな酷いウオノメ、ご覧ください。




ご来店時



15915_1

芯、というより牙のようです…







違う角度から



15915_1_1

足裏から完全に突き出てます…

歩く度にこれがグイグイと突き上げるように皮膚に食い込むのを想像するだけで痛くなってきます。




実際に施術をしてみると、想像以上にカチカチの塊で、しかも足裏に対して斜めに深くなっている、厄介なものでした。

芯だけでなく、周囲も相当に硬く、酷い状態でしたので、時間をかけて施術させて頂きました。





それではケア後の写真をご覧ください。




15915_1_2

いかがですか?

も、なにもないですよね…

写真には写っていませんが、最も深いところは

「足、突き抜けちゃうんじゃない?」

というくらいの深さでした。

当然ですが、施術中に痛みはありません。





こちらのお客さま。

実はネットで色々と検索し、東京にそれらしい店舗を見つけたのでそちらに行こうと思ったそうですが、後日当店を見つけて下さり、遠方からのご来店となりました。

当店でも、なるべく多くの方に情報発信をと思っていますが、まだまだ周知できておりません。

きっと、近隣でも未だ多くの方が足のトラブルで悩んでいると思います。

少しでもお役に立てるよう、情報発信をしていきたいと思います。



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします





|

2015年6月25日 (木)

これもウオノメ?

あ角質のトラブルには様々なものがあります。


今回ご紹介する例もその1つで、大きなタコの中にウオノメがある場合は何度かご紹介していますが、このお客さまのようなタイプの方もいらっしゃいます。

参考になればと思います。







まずは写真をご覧ください。




156251_1

一見大きなタコに見えますが、中に筋状のものがいくつも確認できると思います。

皮膚の柔らかな方はこうなる場合も多く、幅の狭い靴を履いたせいで両端から押し付けられ、真ん中のこの辺りに深いシワができてしまいます。

それを続けているうち、シワが深く、硬くなり、やがてはウオノメの芯へと進行していくのです。

こうして見るとかなりの数があります。



肥厚してしまった皮膚は大きなタコと同じですので、全体をケアしつつ、この深い部分も除去していきます。




ケア後の写真です。



156252_1

いかがですか?

もの凄く痛々しいですが、実際には痛みはありません。


この状態からより良い状態になるように、履物の選び方はもちろん、インソールの選定、立った姿勢の矯正、運動による予防法など、さまざまなアドバイスを行います。


ただ除去するだけでなく、その後の予防も含めたさまざまなアドバイスをさせて頂いています。

気になる方はお気軽にご相談ください。



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします

|

2015年2月 9日 (月)

ウオノメ、タコ、イボ(その他)の違い

※写真が非常に多いです

痛みや違和感を感じ、当店にご予約を頂く方の中で、せっかくご来店頂いたのに何もできない状態の方が少なからずいらっしゃいます。



今回はそんな方の中の、特に角質のトラブル、ウオノメやタコだと思っていたけど実は違ってた(違ってる可能性がある)という例です。


ウオノメやタコは角質のトラブルですが、いわゆるイボの範疇である疣贅というのはヒトパロマーウイルスの感染によって起こるトラブルになり、そうなると皮膚科での治療という事になります。

ヒトパロマーウイルスは100種類以上あると言われており、症状もさまざまで、当然我々では判断はできませんししてはいけません、医療機関ではありませんので。


当店は医療機関ではありませんので、疾病や怪我は病院できちんと診察、そして治療をしてもらうという事になります。また、疑わしい状態のものもケアする事はできませんので、その場合も先に皮膚科にご相談をお願いしています。

これは経験年数による判断をしてはいけない部分になりますので、疑わしいものはとにかく先に皮膚科の先生にご相談頂く事をお勧めします。


ただ、お客さまにはイボかウオノメかタコか?なんて判断はなかなかできるものではありません。



そこで今回は、ご来店前に少しでも判断の基準になればと思い、過去ご来店頂いたお客さまの例をご紹介し、少しでも参考にして頂ければと思います。

当店では開業以来お客さまにご協力頂き、数多くの例を撮影させて頂いています。

これは、足のトラブルの専門店が圧倒的に少ないので、ご利用頂く際にどの程度だったらどうなるの?という皆さまの判断基準になればと思い、お客さまにご協力頂きながらご紹介しているものです。

最近では他店でも写真で紹介するケースも増え、非常に良い事だと思っています。



結構な遠方からご来店頂いたのに、なにもできずにお帰り頂くという事は極力避けたいとの願いも込め、ご相談前に是非参考にして下さい。





ウオノメです



1502075



ケアできます

15020751





ウオノメではない可能性が高いです。





1502079

まず足底の、普段とても圧力がかかっているとは思えない場所にできています。そして、いわゆる魚の目と呼ばれる「目」、中心に芯が存在しません。

このようにできている場所、圧力がかかってる場所かどうかも判断基準になると思います。





ウオノメです。




1502074





酷いですがケアできます。


15020741







ウオノメではない可能性が高いです。


1502076

わかりますか?

芯と呼べるものがあるように見えますが、中が赤黒くなっています。最初はウオノメだったかも知れませんが、ダメージを受けた皮膚というのは雑菌が喜ぶ環境でもあります。

運悪くウオノメに菌が付き、徐々に悪くなったのかも知れません。

ウオノメという判断でケアできない事も無いですが、疑わしい場合、当店ではケアをせずに皮膚科受診を勧めています。

何と言っても医師の判断が最良です。





ウオノメではない可能性が高いです。



1502071

中に赤黒い点が確認できますか?そして表面は荒れてボロボロになっています。火山のように円錐状にもなっていません。

見易いように部位を綺麗に拭き取った後ですが、本来はもっと表面がボロボロした状態になっています。




ウオノメではない可能性が高いです。


15020711

1つ前の写真と似たような状態です。




ウオノメではない可能性が高いです。


1502078

一見ウオノメやタコの酷いものに見えますが、表面が荒れてボロボロしている事、魚の目という芯が確認できない事、そして一番小さいものは圧力がかかっているとは思えない場所にできています。

菌があちこちに広がり始めてると言う可能性を考えるべきだと思います。





魚の目ではない可能性が高いです。




15020710

1つ前の写真の例の、更に酷い状態です。

更に小指の辺り、指の股になる部分にもある事を見ると、これは菌の影響でできたものだと言う疑いを持つべきです。





タコではない可能性が高いです。



15020712

すぐ近くに似たようなものができているという事、そして皮膚の中に赤黒い点が確認できます。更に小さな方は集中して圧力がかかっている場所とは思えません。



いかがですか?

ここに挙げたものが全て正しい判断とは言えません。皮膚科受診をお勧めした後ご来店頂けない場合が殆どですので(ウオノメ、タコでなければ用事はないですもんね)、どういった判断になったのかを確認できてない例も一緒にあげてます。

ただ、先にも述べた通り当店は医療機関ではありませんので、疑わしいものに関しては皮膚科受診をお勧めしていますし、きちんと判断できないものをケアする事は致しません。

写真をご覧になって頂けたら、是非参考にしてみてください。

それでもウオノメ、タコだった場合はきちんと対応致します。




写真を見てもイマイチだな?

そう感じたらお気軽にご相談下さい。

電話でもメールでも結構です。

最近はスマホが普及してますので、写真を撮って添付して頂けると、より正確なお話ができるかと思います。





最後に。



私は開業前、開業後、学んだ以外の例が非常に多くて本当に大変だった経験があります。

これから技術者を目指そうかな?という方も、実際に開業されている方も、実は多くの例を見てない場合が多いものです。

そういう方々の参考にもなればと思います。




※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします

|

2015年2月 3日 (火)

選抜ケア

あまりにも多くのウオノメ、タコのあるお客さまがご来店されました。






かなり酷い状況ですね…




152031




立ち仕事をされているとの事ですが、痛みを堪えていると姿勢まで悪くなってしまい、更に他の箇所にウオノメができたり、更には姿勢の歪みから肩凝り、腰痛といった症状まで引き起こしてしまいます。

今回は特に痛みの強いウオノメ(タコに見えますが芯があるウオノメです)2箇所をケアする事に致しました。




1520311_2










ケア後の写真がコチラです。





152032

いかがですか?

非常に大きくて頑固な芯があり、これを常に踏んづけているのだから痛いのは当然ですね。周りの皮膚、痛い部分との兼ね合いで、いつものように酷すぎるウオノメ、タコに関しては、保護の意味も含めて少しだけ肥厚した部分を残します。


酷い痛みに耐えて仕事をしていたお客さま、ケア後嘘のように痛みがなくなった事にとても喜んで頂き、立ち姿勢や歩き方のチェックを終え、より良い環境を作るためにインソールをお勧めし、継続利用して様子を見る事になりました。


しかし。

ご覧のようにまだまだ酷い状態に変わりはありません。もう少ししたら他もケアするようお勧めしておきました。



152033




当店では姿勢の気を付け方、歩き方、アーチの崩れた足の運動法など、全て無料でチェック&アドバイスさせて頂いています。ケア後5〜10分ほど余分にかかりますが、日常の注意がとても大切です。


慣れるまでつい忘れがちになりますが、少しでも良い環境をより早く取り戻せるように、どうか少しの注意をしながら過ごして下さい。

ご不明な点はお気軽にご相談下さい。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします



|

2014年6月11日 (水)

小指のウオノメ

今回も酷いウオノメの紹介です。



少し前にも紹介しましたが、小指にできるウオノメで悩んでいる方は結構いらっしゃいます。しかし、ご自分で削ったり薬品でなんとかしたりで、結構皆さん誤魔化しながら付き合っているようです。

が、実はコレ、本当に酷くしてしまう場合がとても多いのです。我々はルーペを使い、専用の器具を使ってウオノメのケアを「目の前」、本当に直近で確認しながら行いますが、皆さんの場合、殆どの方がご自分でケアするわけでして、そうなると、身体の最も遠い部位を、詳細に確認もしないまま削ったり切ったりする事になるわけです。失敗して出血する方も多いと聞きますし、出血しないまでも、もの凄くギリギリまで削ってしまい、かえって酷くしてしまう事になってしまいます。


また、薬品でウオノメを取るものもありますが、当店では何度も取り上げている通り、そもそもウオノメやタコができる場所は、負荷が集中してかかる場所でありますので、その手のものを貼り付けても当然負荷がかかってズレるわけです。

そうすると、周りのなんともなかった皮膚にまで薬品の影響が及んでしまい、これを繰り返していると、最初は小さなウオノメだったものがどんどん大きく、酷くなってしまいます。

薬品を否定するつもりは毛頭ありませんし、効果は非常に高いものですが、それはきちんと狙った場所から離れない事が大前提で、ズレてそのままにしておけば悪影響でしかありません。


今回ご紹介する方も、薬品を使っていて周りは酷い状態になっていました。まあそれ以前にウオノメ自体がもの凄く酷いんですけど…




ご来店時の状態です。



146111





146112

これでは痛くないわけないですね…

そして、ウオノメ周辺の皮膚が白っぽくなっている場所があり、表面の皮膚がめくれてしまっています。少し落ち着いた状態ですのでケアできますが、薬品の影響が大きい場合はケアできません。





さて、気になるケア後です。







146113

いかがですか?

とても大きな穴が空いてます。ケア前の写真を見て頂ければ分かる通り、かなり酷い状態のウオノメでした。これではかなり痛みを伴いますので、何を使ってもいいからなんとかしたい!という気持ちも良く分かります。



ウオノメ、タコは病気ではありません。

なので、日常の靴、歩き方、足型の問題を解決してあげれば、思ったよりも早く改善していく方も結構いらっしゃいます。

当店では足型のトラブルに対するアドバイスもさせてもらっていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。

何度も言いますが、放っておいても良くなる事はありませんので…

※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|