« かかとの乾燥 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

2016年3月23日 (水)

巻き爪の比較です

当店にご相談を寄せて頂く方の中には、大変酷い状態の巻き爪のお客さまがいらっしゃいます。

当Blogをご覧頂いている方なら既に様々な状態の巻き爪を見ていると思います。



それとは別に、といいますか、そういう状態の方の写真を見てしまうと、

「あれ?自分なんてまだいい方?」

なんて感じてしまう方もいるようで、逆にケアのタイミングを遅らせてしまっているのではないかな?と、最近お話させて頂いたお客さまから感じました。


そこで今回は、一見、それほど酷くないのでは?と思えるような巻き爪のお客さまの例をご紹介したいと思います。

それでも
「当店の酷い写真に比べれば」

という程度で立派な巻き爪なのですが…





写真と共にご紹介します。




上から




16323_1_1

爪の根元よりも先のほうが細くなってます。







正面から



16323_1

丸くなっていますし、指の大きさに比べて爪はかなり小さく見えます。しかしこのお客さまの爪が小さいわけではありません。






ご覧ください





16323_1_2

皮膚のかなり深い部分まで爪が巻き込んでいます。

撮影のために引っ張り出していますが、写真で見るより実際にはもっと弧を描いて丸くなろうとしています。

見た目は酷くなさそうでも、目に見えないところではこんな事になっているのです。




初回ケアの終了後です。



上から





16323_1_3







正面から





16323_1_4

いかがですか?

上からの写真では爪の広がりが、正面からの写真ではアーチの曲率や爪全体の大きさが比較できると思います。





今回は、少しわかりやすい写真も掲載します。






ケア前



16323p






終了後



16323p1

いかがですか?


こうして線を入れてみると、どれくらい違うかが見た目でもはっきりと確認できると思います。

当店では激しい痛みを伴う巻き爪も、初回でここまでケアします。

もちろん、お帰り頂く際には痛みを感じる事はありません。



足のトラブルは見た目で判断せず、違和感や痛みがあったらすぐにご相談ください。

痛みをこらえて生活をしていると、庇ってしまう癖がついて身体の歪みの元にもなり、肩コリ、腰痛など、さまざまなトラブルの原因にもなってしまいます。

また、スポーツ選手ではパフォーマンスダウンも顕著になります。

少しでも早めの対応が肝心です。


当店ではメールでのご相談に対応していますので、写真を添えて頂ければ、より詳細な対応が可能です。


我慢をして良くなるものではありませんので、お悩みの方はお気軽にご相談頂ければと思います。

※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

« かかとの乾燥 | トップページ | 臨時休業のお知らせ »

爪のトラブル」カテゴリの記事