« 営業内容変更のお知らせ | トップページ | 年末年始の休業について »

2015年11月28日 (土)

当店の巻き爪矯正に関する考え

ご来店頂いたお客さまのお話で気になった事がありましたので、当店の巻き爪矯正に対する考えを少しお話させて頂きます。



今回私が気になったお客さま。

ご来店頂き、いつものように拝見をさせて頂くと、大変酷いレベルの巻き爪が確認できました。普通なら結構な痛みがあるはずですが、このお客さま、痛みが無いと言うのです。

では何故ご来店くださったのか?

友人、知人など、多くの方が酷い巻き爪に言及されるようで、お客さまもそれを受けて矯正を、という事になったんだそうです。



話はそれだけではありませんで、こちらのお客さま、当店をご利用頂く前に、某巻き爪矯正を謳った店舗で、爪に貼り付けるタイプの矯正を受けていたそうです。

しかし、その技術がいけないのか店舗の技術がいけないのか、装着してもらってもすぐに取れてしまい、都度付けるにも費用がかかるし爪は見た限りまったく矯正の効果も出ていないようで、今回当店を訪ねて来てくださったのだそうです。






さて、そこで疑問です。

痛くもない爪を、安くはないお金をかけて矯正する必要が果たしてあるんでしょうか?私はその必要は全く無いと思います。

見た目に相当なコンプレックスがあるならいざ知らず、何人かの方が言及して気になったものの、痛みが無いのなら矯正の必要は無いと思うのです。

現に先天的な巻き爪で、もの凄い形状でも痛みもなく過ごしている人は少なくありません。




年齢を経ると、背筋がだんだん猫背になったりO脚になってきたり、人間の身体は徐々に変化が出てきます。

足底も同様で、アーチが崩れてきたり運動不足でバランスが悪くなったり、肥満によって爪に対して圧迫が強くなる事もあります。

そういう変化が出てきて、やがて違和感や痛みが出た時は矯正をお勧めしますが、普段生活にまったく支障がなければ、現時点では経過を見ながら生活していれば良いと思います。




そんなわけで今回ご来店頂いたお客さまは爪のチェックだけで終わりました。

費用は¥500です。



巻き爪矯正を生業にしていれば、今回のように酷いお客さまのケアは良い収入になるのでしょう。

しかし。

必要が無いのに矯正をしてお金を頂くという事は、逆に専門店としての沽券に関わる問題、まさしく技術者の品位に関わると思っています。


当店は1日最大で5組のお客さましか対応できません。その中の1人が¥500では、とも言えますが、だからと言って必要無い施術をするわけにはいきません。




より良い技術をその時必要とされるお客さまへ…

これが当店の方針です。



今回のお客さまには、今後どういう状態になったら連絡を頂きたいか、普段はどういう状態に保ったら良いかなど、色々お伝えしましたので、また状況が変わったら連絡を頂くと思います。

爪の状態でお悩みの方は、ご来店頂かなくてもMailでの質問にも対応しております。もちろん無料ですので、写真を添えてご連絡ください。






こちらの写真は今回のお客さまのものではありませんが参考まで。痛みが無ければこれくらいでも矯正の必要は無いのです。






151128_1



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

« 営業内容変更のお知らせ | トップページ | 年末年始の休業について »

爪のトラブル」カテゴリの記事