« 靴、サンダル等の販売について | トップページ | 営業内容変更のお知らせ »

2015年11月17日 (火)

変則的なウオノメ

足の環境は人それぞれ違います。

ですのでトラブルが発生した場合も、
様々な形状や程度になっていきます。


今回ご紹介するお客さまのトラブルは
魚の目なのですが、これがかなり
変則的な状態だったのでご案内します。








まずは写真をご覧ください。





151117_1_1

ひと目で大変大きく、深さもある魚の目だというのが
わかるものです。



が…

一般的、あくまでも一般的な話ですが、
魚の目というのは円錐状にでき、
頂点に芯があるのが普通です。

しかしこちらのお客さまの魚の目は
左右非対称になってます。


恐らく大きくなる過程で突出してきた時に、
踏まれて横方向に進行していったのだと
考えられます。




少し角度を変えてみます。





151117_1_3







少し動かしてみます。





151117_1_2

やはり斜めに進行しているようです。

それにしても大きい…




これほどの規模の魚の目だと
相当な痛みなはずです。



ケア後の写真です。





151117_1_3_2

いかがですか?


元々芯ができていた箇所が、かなり左に
確認できると思います。

ケア後の写真を見ると、どれくらいの大きさの
魚の目があったのかが良くわかります。






我慢をして良い事はありません。

痛みがあったり違和感を感じたら、
初期の段階でケアする事を
強くお勧めしておきます。


Mailで写真を添付していただければ
ご相談にも応じられますので、
お気軽にお尋ねください。



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします


|

« 靴、サンダル等の販売について | トップページ | 営業内容変更のお知らせ »

角質のトラブル」カテゴリの記事