« 本日の営業に関して | トップページ | 目で見る巻き爪ケア »

2014年2月18日 (火)

酷いタコのご紹介です

当店ご利用のお客さまのほとんどが、色々試したり長期間我慢してきたりした人がほとんどですので、症状としてはかなり酷い場合が多いです。

今回ご紹介するお客さまも大変酷い状態で、極度の外反母趾に加え巻き爪、ウオノメも多数あり、本当に辛い日々を送っている中、当店を見つけてご来店下さいました。

その酷い状態の足で、今回は拇指にできたタコのケアをご紹介します。



タコが酷くなってくると、肥厚して非常に硬い皮膚とやわらかな皮膚の境にいつも深いシワができる事が多く、放っておくと冬の乾燥でパックリと裂けてしまい、そうなると非常に長期間痛みを伴います。

今回のお客さまもかなりギリギリの状態でのご来店でしたので、とにかく出来る限り肥厚した角質の除去をして、これ以上酷い状況にならないようにケアしました。








ケア前。

もう本当に酷い状態です。



142182

痛々しいです…





ケア後の写真です。



142181

いかがですか?




タコの下にある柔軟性のある皮膚を取り戻しましたので、溝となってしまった箇所に極度の強い力がかかり続ける事は避けられるようになりました。

とはいえウオノメ、タコというのは、歩き方、履物、足型など、原因となるものが必ず存在するわけで、それを改善しなければ、また必ず大きくなってきます。



当店では足の状態に合わせた改善方法を、ケアと同時にアドバイスさせて頂いております。気になる方はお気軽にご相談下さい。

我慢をしていても改善する事はありません。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします

|

« 本日の営業に関して | トップページ | 目で見る巻き爪ケア »

角質のトラブル」カテゴリの記事