« おかげさまで | トップページ | メールでの予約、お問合せに関して »

2012年10月23日 (火)

魚の目の施術例

最近とても多くなった魚の目のお問合せ。

毎日ご利用頂くのはとてもありがたいですが、
実はそんなに頻繁に写真掲載もできません。

もうちょっとマメにご紹介したいですが…




というわけで、施術例の写真を楽しみにしている
方が少なからずいるそうなので、今回も写真を
掲載しておきます。









1210221


この方のような場合は、主にかかとの高い靴を
履いている場合にできやすい場所です。

靴の問題もさる事ながら、足型が崩れてしまい、
なかなかきちんとした歩行ができない事も
大きな問題です。

本来この場所には強く体重がかからないように
なっているのですが、常時背伸びをしているような
形なってしまうので、本来の足型が崩れてしまいます。









ケア後の写真です。





1210222

かなり深い魚の目が何箇所もできてます。

ここまで酷いと、常に靴の中に小豆大の小石を
入れて踏みつけているのと同じようなもの。

痛さも相当だったと思います。


いつも言うのですが、我慢をして治るものなら
いくら我慢しても良いですが、こういう場合、
我慢をすればするだけ痛い思いをし、なおかつ
どんどん進行してしまいます。

早く適切な対処をする事がなによりも大事であり、
その後は歩行の仕方、足のストレッチや運動法、
角質ケアのコツ等を覚え、このような状態から
より良い状態に戻す事が大切です。

当店では、巻き爪、魚の目のケアはもちろん、
そもそもそうならないために気をつけるべき事を
お客さまにお伝えしております。

歩行、日常生活、運動など、色々な視点から
アドバイスを致しますので、不明な点は
なんなりとご質問下さい。

良好な状態を目指すよう、適切なアドバイスを
させて頂く事も、専門店としての責任だと
思っています。


痛い巻き爪、陥入爪、魚の目、胼胝(タコ)、
角質ケア等々、半田市はもちろん、知多半島や
三河方面、愛知県内でお困りの方は…

お気軽にドリームウォーカーにご相談下さい。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載をお断りします



|

« おかげさまで | トップページ | メールでの予約、お問合せに関して »

角質のトラブル」カテゴリの記事