« あの爪は今… | トップページ | ドリームウォーカーとは、最新情報 »

2012年9月 4日 (火)

爪切り

足の爪切り。


目の悪い人、身体の硬い人にとっては
とても厄介な作業であると言えます。

あとめんどくさがりな人も…

それとは逆に、とてもマメに、かつ綺麗に
手入れし過ぎてしまう人もいます。



きっとみなさん何処かでお聞きになった事もあるかと
思いますが、爪は短くし過ぎるのは良くありません。

しかし綺麗好きの方、またはスポーツをやっていて
引っ掛かるのを恐れる方などは、明らかに短く
し過ぎている場合が見受けられます。


今回ご紹介するお客さまの爪を是非参考にして頂き、
爪の切り過ぎ、またはいい加減なカットは非常に
恐ろしいという事を覚えておいて頂きたいと思います。



ご紹介するお客さまは、スポーツをされているので
爪は短くカットしているのですが、拇指の巻き爪で
ご来店ながら、どうも隣の爪の様子もおかしい。

聞いてみるとやはり痛みがあるとの事だったので
早速チェックさせてもらいました。

すると…





1209041

分かりますか?

真上から見て爪切りをすると、半円状に切ったつもりで
いても、実は爪は両サイドにかけて緩やかなカーブを
描いているので両端に切り残しが出る場合があります。

この方の爪はそれの酷い状態で、こんなに鋭利に
残ってしまっては突き刺さって痛いはずです。



しかし、本人からは見え難い場所、なおかつ普段は
埋もれてしまって見えてない爪なので、見かけ上は
綺麗にカットできたように見えるのです。

器具で持ち上げて初めて目にする事が可能なほど
埋没している爪でした。


このまま放っておいたら大変な事になったでしょう。



爪は短い方が清潔ではありますが、爪というのは
指にかかる荷重を支える大切な役割があります。

極端に短くしてしまうと、その力が両端にかかり過ぎ、
巻いてしまったり痛みを発症したりという弊害もあります。

何事も適切が一番という事ですが…



この国では昔から学校で「爪の検査」なるものがあり、
長い事は良くない事だという観念が定着しているのも
いけないのかな?と考えたりします。

ほどほどに、という領域を知る事も大事ですね。




痛い巻き爪、陥入爪、魚の目、胼胝(タコ)、
角質ケア等々、半田市はもちろん、知多半島や
三河方面、愛知県内でお困りの方は…

お気軽にドリームウォーカーにご相談下さい。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします



|

« あの爪は今… | トップページ | ドリームウォーカーとは、最新情報 »

爪のトラブル」カテゴリの記事