« 降雪による営業の変更について | トップページ | 休業のお知らせ »

2012年2月 9日 (木)

巻き爪ケアの期間について

巻き爪ケアを行う場合、当店ではゴールドスパンゲという
金属製の矯正具を、お客さまの爪に合わせて1つずつ
手作業で制作いたします。

人間の爪というのは既製品のパターンに合致する
事の方が少ないのは当然で、左右の巻き具合、
爪の厚さ、指の形状などを見極めながら、
個々のお客さまの症状に合わせたものを装着します。



さて、その巻き爪ケアを始めた場合、どれくらいの
期間で良好な状態になるかという質問が良くあります。

おおよそ、個人差があるので一概には言えませんが、
爪が1枚生え変わるのに6ヶ月ほどを要します。

伸びが悪いお客さまはもう少しかかるでしょうか。
その間は、どうしてもスパンげを装着しっぱなしに
なってしまいます。

これが気になってしまい、躊躇されるお客さまも
いらっしゃいます。ペディキュアや素足になった時の
見栄えを考えるのは女性ならでは、ですね。





しかし、お洒落も大事ですが痛みを我慢する事は
もっともっと危険を伴います。

我慢せず、鈍痛がたまにあるくらいでも軽視せず、
お気軽にご相談頂きたいと思います。






コチラのお客さまは、比較的軽度の症状です。





Cimg2743

軽度とはいえ結構食い込んだ状態で
痛みも伴っていました。





この写真はケア開始から4ヶ月経過時点です。



Cimg4744

爪の伸びが早ければ、これくらいの期間でも
かなり改善されるものです。




当店では、もしも夏場に素足でお洒落を
楽しみたいと言うお客さまには、
是非今の季節からのケアをお勧めします。

今からケアを開始すれば、夏場にはなんとか
間に合わせる事ができると思います。


お悩みの方は是非ご相談下さい。





痛い巻き爪、陥入爪、魚の目、胼胝(タコ)、
角質ケア等々、半田市はもちろん、知多半島や
三河方面でお困りの方は、

お気軽にドリームウォーカーにご相談下さい。


※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします

|

« 降雪による営業の変更について | トップページ | 休業のお知らせ »

爪のトラブル」カテゴリの記事