« 巻き爪途中経過 | トップページ | ペコロスに掲載されました »

2011年8月18日 (木)

矯正効果

先日ご来店頂いたお客さま。

他店舗にて巻き爪矯正をしていましたが、
経過が一向に思わしくないとの事での
ご来店です。









某透明矯正具を爪に貼り付けるタイプのものです。





Cimg2326_convert_20110818103037


この方は巻き爪というより陥入爪、食い込んで
痛みが出るタイプの爪ですね。

こういう爪が痛いのは側爪郭、
爪の両サイドです。

大切なのはココがいかに持ち上がるか、
という事になります。

逆に言えば、いくら普及している矯正具でも、爪甲に
ペタリと貼付けるだけでは側爪郭周辺の大幅な
矯正は期待できないとも言えます。

巻き爪、陥入爪というのは側爪郭に食い込んで埋没した
部分を矯正、ケアするのが最も重要です。

技術者のテクニックによって違いがあるのか
どうかは分かりませんが、私が見た限りにおいて、
目覚しい矯正効果は認められませんでした。


比較写真も掲載しておきます。





来店時。

Cimg2328_convert_20110818104729





この爪をケアした後です。

Cimg2330_convert_20110818104812

側爪郭周辺に若干の空間も認められます。





次に同じ写真で角度の比較がし易いように
線を入れてみました。確認してみて下さい。

Bs1_convert_20110818104450






当店ケア後です。


Bs2_convert_20110818104605


1回のケアでこれだけ違います。








私は当店のケアが一番優れているとは
思いません。

しかし、残念ながら簡単な講習を受講しただけの
技術者が多いのもまた確かな事です。

せっかくの素晴らしい矯正具であっても、それを施術する
技術者の知識、経験不足で効果がでないとしたら、
それはとても残念な事であると思います。

我々技術者は、常にお客さまに最良の技術を
提供できるよう、日々精進、勉強です。



私たちはこうして情報を発信し、少しでも
悩んでいる人の検討材料になればと思います。




爪に関するご相談は随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい。




痛い巻き爪、陥入爪、魚の目、胼胝(タコ)、
角質ケア等々、半田市はもちろん、知多半島や
三河方面でお困りの方は、

お気軽にドリームウォーカーにご相談下さい。



※当blogにおける掲載写真の一切の転載を
 お断りします

|

« 巻き爪途中経過 | トップページ | ペコロスに掲載されました »

爪のトラブル」カテゴリの記事